人気ブログランキング |

十勝帯広 整理収納アドバイザー 松井香織ブログ

kaori925.exblog.jp
ブログトップ

[小学1年生日記 ⑧] どんどんたまる 子どもの作品や絵を 手放すための仕組みづくりと声掛け♪

「今日ね、ごみの日なんだけど、何かいらないモノある?」と、学校に行く直前の娘に声をかけると、作品や絵を放り込んでいる、いやいや、保管している引き出しを開けて「これは いる・・いらない・・」と仕分けをはじめました。


我が家は、作った作品や描いた絵は、このテレビ台の引き出しに、一時保管することにしています。お絵描きするテーブルのすぐそばなので、すぐに入れられます。


テーブルに、置き去りの絵がを見つけると、「入れとくとよ~」と声をかけたり、「上手だね~」と飾ってみたり。いつもテーブルの上にあったり、どんどん積み重なってイラッとすることは回避できます。


[小学1年生日記 ⑧] どんどんたまる 子どもの作品や絵を 手放すための仕組みづくりと声掛け♪_a0239890_09564407.jpg


描きたて、ほやほやの絵は、さすがに「全部いる!」とか、イベントで作って大切に持ち帰ったお花は「絶対いる!」と言うのですが、やがて興味が薄れ「いらな~い!」となる娘。

[小学1年生日記 ⑧] どんどんたまる 子どもの作品や絵を 手放すための仕組みづくりと声掛け♪_a0239890_09565182.jpg


なので、「全部いる!」と言われても、そのうち、いらなくなるんだよね・・・と、心穏やかでいられます。


整理収納アドバイザーの私は、娘がちっちゃい時から、引き出しがパンパンになると、こんな声掛けをしていました。


「あふれちゃったね~。もう入らないね~、1番好きなのどれかな? 2番目に好きなのどれかな? もう、いらないの、ある~?」


もうね、私がすっきり心地良く暮らしたいがために、声かけまくりです(笑) でもね、モノの判断力はついてきました。お店でかわいいモノを見つけて「ほしい!」と言った後、「う~ん、でもこの色、部屋には合わないよね!」と言った時は、部屋に飾った時をイメージしてるんだ!と、私も驚きました・・(笑 親ばか)


因みに、娘がいらないと言った絵でも、「上手に描けたなぁ~♪作風が変わってきたなぁ~♡」と思うモノは、日付と年齢を書いて、クリアファイルに入れ、この引き出しに保管しています。たくさんたまったら、その中から厳選して、作品ファイルに時系列で入れていきます。


今日も、引き出しの中がすっきりしたね♡ありがとう♪ いってらっしゃ~い♪


【最近、手放したモノの覚書・・アクセサリー】

私が使わなくなった、カジュアルネックレスをあげたら「お母さんからもらった、ホンモノあるから・・・」と手放しました。ソフィアのカチューシャも「もうお姉さんだから、キャラクターものは、嫌なんだよね・・・」と(笑)小さい子が遊びに来たら、ほしいかどうか、聞いてみることにしました。
[小学1年生日記 ⑧] どんどんたまる 子どもの作品や絵を 手放すための仕組みづくりと声掛け♪_a0239890_10013716.jpg




かたづく仕組みを作って  ラクに快適を手にいれる♪

超めんどうくさがりな  整理収納アドバイザー

松井 香織   090-6267-0110





by kaori-matsui | 2018-09-05 00:09 | 小学1年生日記♪