人気ブログランキング |

十勝帯広 整理収納アドバイザー 松井香織ブログ

kaori925.exblog.jp
ブログトップ

押入れの 奥行きを味方にして 使いやすく♪ お部屋すっきり大作戦!

「押入れの中段を、取ってしまおうかと思って・・・」


・・・ちゅうだんを とる?!・・・


「中段があるから、(奥にある)チェストが使いにくくて、その前にモノ置いちゃうから、散らかって・・・」

というお悩みでした。


奥行き85センチの押入れ下段には、3段のチェスト(奥行き40センチ)と、カラーボックス(奥行き30センチ)が収まっていて、押入れ奥へと、押し付けられてしまうと、とても取り出しにくくなっていました。


そこで、2つとも前に出して、奥には使用頻度の低いモノ、季節外の家電などを置いて、奥に行かないようにしてはどうでしょう?とご提案しました。(モノがとっても少ないお家で、そのお部屋内では、置くモノが見つかりませんでしたけど。うふふ)



さて、ここからです!相談されてもいないのに「お部屋すっきり大作戦!」のご提案を(笑)


この押入れのあるお部屋は、小学生4年生と年中のお子さんのお仕度スペースとして、教科書類や学用品、通園、習い事の道具などが置かれていました。ここで、お勉強ができるようにと、ローテーブルや、文房具も置かれていましたが、すぐそばにダイニングテーブルで、お勉強したりお絵描きするので、物置化していました。


教科書は、1段のボックスに入れて床置きだったので、すかすかな押入れ中段に移動。(押入れがすかすかって、かなりレアケースですよ) すらりとした小学生は、いつもかがんで教科書を揃えていたので、「これはラクだぁ~♡」と喜んでくれました。


そのボックスの上は、ランドセルの指定席に。ふたをビローンと開けたら、さくっと、教科書が入れられるようになりました。


このボックスも奥行きがあり、教科書が奥に行くと、見えにくく、取り出しにくくなるので、使わなくなったファイルボックスを奥に置いて、前面にくるようにし、3仕切りのブックスタンドを入れ、教科書やノートを取り出しやすくしました。


ボックスの右隣には、あまり使われていなかったミニテーブルを、コの字ラックとして活用。必要な時だけ学校に持っていく、彫刻刀やプール道具を置きました。収納力と取り出しやすさがアップ♪


部屋にもうひとつ、同じボックスがあったので、ピカーンと、ひらめいたお母さんが中段に入れて、右半分は小学生、左半分は年長さんのおもちゃ、プール道具置き場に。これで、それぞれのモノの管理がラクになりました♪
a0239890_15131870.jpg



ほとんど、何も入っていない押し入れだったので、ボックスを2個入れても問題なし。まだまだゆとりです。


お子さんに「もう使わないモノある? 子どもっぽくなったモノある?」と聞くと、二人とも、ものすごいスピードで仕分け、不要なモノで袋がいっぱいに。「なんだ、いらなかったんだね・・・」と、びっくりするお母さん。


そして、必要なモノだけを、わかりやすい仲間セットにし、元に戻しやすいよう、ラベルをはりました。


部屋に出ていた教科書や文房具、おもちゃ、サブバック、水泳道具などは、すべてこの押入れに収まり、お部屋のすっきり度は、段違いにアップ!  シンプルに暮らしたいお母さんが「あ~いいね~!」と、とっても喜んでくださいました。


枕棚には、思い出の作品や、時々使うおもちゃを収め、大好きなぬいぐるみを飾りました。目が合うたび、にっこりしちゃいます♡


お父さんも喜んでくださり、「あとは、これをキープできるかな?」と。
元に戻しにくかったり、散らかる時は、指定席をまた一緒に、見直してみようね。


中段を外す労力がなくなり、まずは便利に使えそうで良かったです。ありがとうございました♡




かたづく仕組みを作って  ラクに快適を手にいれる♪

超めんどうくさがりな  整理収納アドバイザー
松井 香織   090-6267-0110


by kaori-matsui | 2018-08-20 12:49 | お客様のおかたづけ