十勝帯広 整理収納アドバイザー 松井香織ブログ

kaori925.exblog.jp
ブログトップ

ムスメの洋服の判断基準

「嫌いなの!」

昨日の衝撃…

ゴールデンウィークは、ほぼ母子家庭の我が家。雪が雨に変わり、遊びに行きたい気持ちもそがれ。

ムスメのたたんで入れてある、服の収納ケースがみちみちだったので「この中で嫌いな服ある?」
と聞くと、瞬く間に選ばれた服達。
a0239890_15234559.jpg

「え?これはまだ、着られるよ!高いんだよ!おばあちゃんからだよ!〇〇ちゃんからだよ!
畑仕事する時に着るかもよ!後で着たくなるかもよ!お、お母さんは好きだけど!」

と、動揺を隠せない私。
「でも嫌いなの〜!」  「はい、わかりました」

子どもって、なんて素直な判断基準なのでしょう。なんのしがらみもなく、高かった!うんぬんもなく。
(4才半、まだお金の価値もわからないからね)

母も、高かったけど似合わない服、いつか着るかも〜で何年もタンスの肥やしの服は
そうありたいと思うのでした。

状態の良い服は、いとこへ、もういいかな?と思う服は、ちあふるさんへお届けします。
1ヵ月前の衣替えで、見落としたサイズアウトな半袖Tシャツも多かったです。

服は、ほとんどがおさがり。母としてはかわいい!と思うのですが、ムスメがときめくのは
ピンクで、キラキラ、リボン、ハートのついている服で、夢はプリキュア。女の子ですなぁ♪
[PR]
by kaori-matsui | 2016-04-30 15:22 | 子どものモノ